首イボの市販薬×クリーム×オイルの人気特集!

Pocket

首イボ除去対策【市販薬×クリーム×オイル】総合ランキング

クリアポロンイボコロリ内服錠 180錠艶つや習慣
1800円1379円2052円
Wヨクイニン効果で透明感老人性イボに効き目あり贅沢に使える容量でコスパも満足
星45個星4個星35個
公式HP公式HP公式HP
Wヨクイニン効果で美肌に
クリアポロン
4.8
メーカーメニーナ・ジュー
お試し価格1800円
内容量1~1.5ヶ月分
タイプクリーム
クリアポロン

クリアポロンは脂溶性、水溶性2種類のヨクイニンを使用することで、より効率よくイボケアをし、あんずエキスでお肌の新陳代謝を高めます。お肌の内側からケアする成分、お肌をコートする成分も含まれ3つのステップにより、透明感のある肌にしてくれます。

日本国内の工場で厳しい基準、品質管理をしていますので、敏感肌や乾燥肌の方にも安心して使っていただけるようなオールインワンです。

イボコロリ内服錠 180錠
老人性のイボに特化
イボコロリ内服錠 180錠
4.5
メーカー横山製薬
お試し価格1379円
内容量10日分
タイプ市販薬

イボコロリ内服錠は、液状のイボコロリと同じメーカーが出していますが、顔や首元にできる老人性イボに特化した医薬品です。飲んで治すために作られたので、ほとんどの成分がハトムギの種子から抽出したヨクイニンエキスです。

イボを治すために摂取したら良いとされる1日量にできるだけ近づけた摂取量になっています。

艶つや習慣
角質ケアができるオールインワン
艶つや習慣
4
メーカーアクアビューティー
お試し価格2052円
内容量1~2ヶ月分
タイプクリーム

艶つや習慣は、あんずエキス、ハトムギエキスを従来品より5倍も配合し、プラセンタエキス、アロエベラ、ヒアルロン酸とお肌をツルツルに仕上げる素材をたっぷり使ったオールインワンジェルです。角質ケアだけでなく、うるおいを補いハリやキメを整えしなやかな肌へと導きます。

年齢、性別を問わずすべての方に安心して使用できます。色々な場面で家族みんなで使える大容量サイズです。

4
ヨクイニンエキス顆粒
ヨクイニンエキス顆粒
3.5
メーカークラシエ製薬
お試し価格1296円
内容量15日分
タイプ市販薬

ヨクイニンエキス顆粒は、ヨクイニンからエキスを抽出し顆粒状にしたイボケア薬です。ヨクイニンにより肌の代謝や血流をよくし、ウィルス性のイボの抑制をします。加齢によるイボや肌荒れにも効果が期待できます。

1包ずつ小分けにしているので、お出かけの際にも携帯しやすく、水さえあればどこでも服用することができます。

5
アプリアージュオイルS
アプリアージュオイルS
3
メーカーAiB
お試し価格5500円
内容量1ヶ月分
タイプオイル

アプリージュオイルSは、南フランス産の杏仁オイルを低温圧搾し一番搾りだけを使用している品質の高いオイルです。それにヨクイニンエキスをたっぷり使っているので、ぶつぶつ・ぼつぼつ・ざらざらな肌を柔らかくし整えていきます。

オイル特有のべたつきがなく、お肌に馴染みやすいです。油やけをしにくいので、朝のケアからご使用いただけます。

6
シルキースワン
シルキースワン
2.8
メーカーhoconico
お試し価格2980円
内容量1~1.5ヶ月分
タイプクリーム

シルキースワンは、12もの美容成分が配合されており、ポツポツ除去だけでなくお肌をオールマイティにケアします。少量でも伸びがよく広範囲に使えます。落として浸透させるという2ステップ方式でうるおいのある肌へと導きます。

2個入りなので、自宅用、携帯用とわけて使うことができます。

7
ヨクイニンS「コタロー」
ヨクイニンS「コタロー」
2.5
メーカー小太郎漢方製薬
お試し価格3980円
内容量1.5ヶ月分
タイプ市販薬

ヨクイニンS「コタロー」は、ハトムギの種子ヨクイニンからエキスを抽出して錠剤にした医薬品です。体内の水分のめぐりをよくし、体内の毒素を出すことにより、肌のトラブルやイボに効き目があると言われています。

内側から効果を発揮する飲み薬なので、マッサージなどイボケアに時間がとれない人には最適と言えます。

【試して実感!】おすすめナンバーワンの首イボ除去アイテムは?

首イボを除去するクリームは、ここ最近色々なメーカーから発売されています。たくさん発売されている中で、どれを購入すればいいのか悩んでしまいます。

どの商品の人気が高いかランキングを見れば一目瞭然ですが、実際に使ってみて一体どれがおすすめできるか調べることにしました。色々お試ししてみて「一番のおすすめはコレだ!」と実感できた商品は「クリアポロン」でした。


  • コスパが良い上、返金保証がついている
  • 使い心地が最高にいい(クリームの伸び、サラサラ感など)
  • 首やデコルテのざらつき、小さなイボに短期間で効果あり

市販薬やクリームで対策可能な首イボの種類は?


「老人性イボ」は首イボの除去用クリームを塗る事により、効果がでます。しかし「ウイルス性イボ」は化粧品等の除去用クリームでは効果が出ません。ヒトパピローマウイルスに感染することにより発症する「尋常性疣贅」や「扁平疣贅」等がそれらにあたります。

チェック除去クリームで効果がでる…ポツポツと皮膚が膨らんだ見た目のイボは老人性イボ(老人性疣贅)無害の良性腫瘍で、伝染することはない。主に首、顔、胸元にできやすいです。
症状名…懸垂性線維種(けんすいせいせんいしゅ)・軟性線維種(なんせいせんいしゅ)など

チェック除去クリームで効果なし…ウイルスの感染によりできる腫瘍で悪性と良性があるのが、ウイルス性イボ(ウイルス性疣贅)。イボに刺激を与えるとまわりも感染して広範囲にイボができてしまう可能性があります。
症状名…尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)・扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)など

ヨクイニンは首イボに対して効果を発揮しますが、化粧品を塗り広げてケアをした場合、イボのウイルスも広がってしまい、短い期間に広範囲にイボを広げてしまうことになる場合があります。

ウイルス性のイボは自然に消えるものが多いので、イボのウイルスを広げないことが一番良い対処と言えます。化粧品などで塗り広げないようにしましょう。どうしても早く治したい場合は、皮膚科など専門の機関に相談することをおすすめします。

どういうものが首イボ?

首にあるポツリとしたものすべてが首イボではありませんが、イボの中には目に見えないものやイボとは思えないものもあります。以下に当てはまる場合は首イボかもしれない、と考えましょう。

  • なにも見えないけど触るとブツブツを感じる
  • 首あたりに茶色いニキビのようなものがある
  • わきや胸元にもブツブツしたものがある
  • アクセサリーが首に引っかかるように感じる
  • 首と同時に目元にもブツブツしたものができた
  • 首を触るとポツリとした感覚がある
  • 首がザラザラしている

首イボになにより効果的なのは早期の対策です。首イボができたからと即手術する必要はありませんが、自然治癒しにくいものなので対策クリームなどを使い早めのお手入れをするようにしましょう。

首イボの原因は主に5つ!


首イボの中でもウイルス性のものはウイルス感染が原因になっていますが、老人性のイボは乾燥することが原因となり発生しており、年齢があがるほど発生する率が高くなっています。

首の乾燥は、紫外線によるダメージや手入れ不足による皮膚表面の抵抗力低下により起こります。日焼け止めなどを、顔や腕には塗るけどデコルテや首には塗り忘れる人が多いため、首イボに悩む人はどんどん増えています。

年齢を重ねると角質粒ができやすい

首イボは角質粒という良性の腫瘍です。お肌の新陳代謝が悪くなり古くなった角質がたまることでできるため、代謝の乱れやすい30代以降の方に多くみられます。

お肌が年齢に従い乾燥肌へと変わっていく

30歳くらいから、お肌の手入れをさぼるとホルモンのバランスの関係もあり、乾燥肌へと変わっていきます。乾燥が首イボの一番の原因となるため、毎日のお肌の手入れがきちんとできている人は首イボが出来る可能性をかなり減らすことができます。


お肌の新陳代謝が乱れてくる

乾燥肌になってくると、お肌の新陳代謝が悪くなり、古い角質細胞が表面に残ったままになります。角質細胞の新しいものと古いものの入れ替わりのタイミングが合わなくなってくるのです。


古い角質や老廃物がお肌の表面に残る

お肌の新陳代謝が乱れると、古い角質や老廃物が肌表面に残っていきます。そうなると、強制的に古い角質をとるため、たまった角質がお肌を刺激し痒みをだし掻くことで古い細胞をとるようになります。お肌は粉をふいたようにかさかさしてきます。


溜まった角質が集まり角質粒になる

入れ替わらず残った古い角質がどんどん重なり、一つのかたまりになります。これが角質粒と言われる良性の腫瘍です。この角質粒が首イボになります。


角質粒が育ち首イボに

古い角質からできた角質粒が紫外線や乾燥により育つことで首イボになります。紫外線によるメラニン色素活性から茶色になったり、サイズが大きくなったり、ひどくなると首周辺がガサガサした手触りになり、かゆみなどがでてくる可能性があります。

年齢にしたがいお肌の新陳代謝は乱れてきます。紫外線の対策をきちんとしないと、すぐにブツブツとした首イボが出来てしまいます。

首イボの治療・除去対策に効果的なヨクイニン


首イボは一度できてしまうと簡単に治すことはできません。つい触ってしまったり、化粧品等をつけることで広がってしまったりと悪くなる可能性もあるので、できるだけ早く治してしまいたいものです。

専門の皮膚美容科などで治療(除去等)するのが手っ取り早く治す方法ですが、これには莫大な費用がかかります。そこでヨクイニンを含むハトムギ種子やハトムギを取り入れて治療をしていくのが効果的でしょう。

ヨクイニンでイボが柔らかくなる

イボは角質が硬くなった角質粒と言われるものです。ヨクイニンは角質を柔らかくする働きがあるのでイボを除去しやすくします。大きさによって時間がかかる場合もありますが、できはじめのものならば比較的安易に取り除くことができます。


首を保湿することで新陳代謝を整える

ヨクイニンで手入れしイボが除去されても、新陳代謝が乱れたお肌だと再度イボができてしまうこともあります。ヨクイニンと並行して首を保湿することも大切です。


首イボ除去、さらにイボのできにくいお肌へ

ヨクイニンと首の保湿という二重のお手入れで今の首イボを取り除き、新たなイボができにくいお肌を作ることで治療は完了です。ここまでいくと首のざらつきもなくなり、手触り良い首になっているでしょう。もし乾燥が原因のざらつきであれば、他の部分も同じ方法できれいなお肌にすることができます。

首イボ除去には「ヨクイニン入り」のクリームが大前提

首イボを除去するクリームは、成分をよく確認して選びましょう。お肌に良さそうなセラミドなどの成分が含まれているのもよいですが、なによりヨクイニンがたくさん配合されているものが、イボにとってとても有効なクリームであるといえます。

ヨクイニン以外にも杏仁エキス(アンズ)が含まれているクリームなら、なお首イボに効果があるでしょう。

首イボ対策には首用以外の市販薬・クリームも使える?


ヨクイニンや杏仁オイルが配合された保湿用化粧品が首イボの対策には効果的ですが、首の皮膚は密着することが多いため、使用感がさらっとしたべたつかないクリームの方がおすすめです。

顔専用の化粧品を使っても構いませんが、保湿が効き過ぎるせいでニキビなどの肌トラブルを起こすことが多いです。

美容系のオイルを使うなら人工のものではなく不純物があまり含まれない純粋な天然のオイルを使う、クリームを使うなら油分少な目のジェルのようなさっぱり使えるタイプを選ぶのが良いでしょう。

化粧水だけの首のお手入れには注意が必要

べたべたするのが嫌いで、首のお手入れに化粧水だけを使う方が多いようですが、これはあまりおすすめしません。化粧水だけでは保湿は完了しないからです。

さっぱりすっとお肌に浸透する化粧水、水分を補うことはできますが、その水分をお肌に留めておくことはできません。化粧水を使う場合は、そのあとに乳液やクリームを塗ることで、その水分を逃がさないようにする必要があるのです。

首イボを取る方法は皮膚科と自宅ケアのどっちがおすすめ?


首イボを取り除く場合に、皮膚科で治療するのか自宅でケアするのか、それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。

首イボを皮膚科で治療する場合

皮膚美容科や専門の病院での首イボ治療、除去時のメリットとデメリットです。ウイルス性のイボやサイズの大きなものを取り除く時や、お金をかけて治療を行なえる方に向いているのが特徴となっています。

イボの種類により治療の方法は変わります。

レーザーによる治療

軟性線維種、アクロコルドンなど、小さなイボの治療に使われることが多いです。炭酸ガスのレーザーでイボの組織を瞬間的に焼き、蒸発させることでイボを取り除きます。

特に即効性がある方法ですが、保険が適用されないため治療費が高くなります。

液体窒素による治療

液体窒素をイボにつけることで固めて取り除きます。-200℃くらいの液体窒素でイボを一つずつ処置していくため、数が増えてしまったイボだと、それだけ費用もかかります。

スキンタッグと言われる突起性のイボの治療に、よく用いられます。液体窒素で固まったイボは2週間ほどで自然に取れてなくなります。

ハサミによって切り取る治療

ハサミで切り取るため、イボが小さいほど痛みも出血も少ないです。スキンタッグという突起性のイボの治療によく用いられます。

使うハサミは専用のもので、とても小さなイボなら麻酔なしで、痛みがある場合は麻酔を打って行います。

  • メリット…比較的効果も早く、治療を行うのが専門家なので安心して治療を受けられる。
  • デメリット…直接イボをとるので他の人に見られ恥ずかしいと感じる。保険が効かない場合もあり、通院することで費用がかさんでくることもある。

首イボを自宅で除去する場合

自宅で自分で首イボを取り除く場合、安心して行えるものから危険で心配をともなうものまで色々あります。お金をかけず、安心して、というような都合の良い方法はなかなかありません。

ここ最近人気が出てきている方法は、イボ用のクリームを使うものです。費用はかかりますが、手術ほどの高額ではないので安心です。

  • メリット…費用があまりかからず、人に知られることなく行える。正しい使い方をすれば効率よくイボが改善されていく。
  • デメリット…クリーム選び使用法など自分で行うため、間違えているとイボの状態が悪くなる場合がある。ある程度の期間クリームを使い続ける必要がある。

自宅で首イボを治す時、おすすめできないのは?

誰にも知られず自宅で首イボを取る時、絶対におすすめできないことがあります。絶対にやってはいけないのは、自分でハサミを使って切り取ることとイボコロリを使うことの2つの方法です。

  • イボコロリ…薬局で買えるイボコロリは皮膚の分厚い部分にむけて作られているので、首など皮膚の薄い部分に使うと状態が悪化すると同時にひどい肌荒れを起こします。
  • ハサミ…病院で専門家がハサミを使って切除することがありますが、自宅で何の知識もなく行うと、傷からウイルスが入り悪化してしまうことになってしまいます。
【気になる】首イボ用クリームはどれくらいの期間使うとイボはとれる?

首イボ対策クリームは、病院の手術に比べると費用がかかりませんが、実際どれくらいの期間使い続ければ効果がでるのか気になります。

塗り続けなければいけない期間は、そのイボの種類や出来てからの時間によります。一番多いのは3ヶ月塗り続けることでイボが取れたというケースで、口コミの中には早ければ1ヵ月ほどできれいな首になったというものもあります。

クリームを使うと同時に首のマッサージを行っていた人が、効果が出やすかったようです。口コミなどを参考に、人気のあるクリームを使ってマッサージをしつつ首イボを除去していくのが美首への最短ルートかもしれませんね。

首イボにはイボの除去×ざらつき除去のクリームが効果的


病院に行かず自宅で首イボのケアをしたい場合は、ハサミや爪切りのようなもので取り除くことは厳禁です。傷口から雑菌が入り皮膚トラブルに成りかねません。ヨクイニン配合の除去クリームを時間をかけてイボに浸透させて取っていく方法がおすすめです。最低でも1ヶ月間、毎日お手入れをしてみてください。

除去クリームをしっかり浸透させていれば、首イボが日に日に硬くなりはじめ、ポロッととれます。無理やり肌から取り除くのではなく、イボから離れてくれるのを待ちましょう。

イボ専用のクリームはスキンケアにも効果がある?

最近のイボ専用のクリームは杏仁オイルやヨクイニンだけでなく、プラセンタやヒアルロン酸、コラーゲンなど保湿や美容に効果がある成分も配合しています。

たとえイボが除去できたとしても、イボが出来ていた場所の皮膚環境を改善しなければ再発してしまいます。保湿や美容の成分をしっかり浸透させるためにもマッサージと同時にスキンケアができるクリームがおすすめです。

使用後べとつかずサラサラになりやすいゲル状のクリームなら、快適にスキンケアができます。

首イボ除去を考えた時、一番に思い浮かぶのが市販薬の首イボクリームでしょう。数多くの首イボ関連の医薬品が薬局で取り扱われています。そんな中人気が出ているイボ取りクリームは、ピーリングタイプで角質粒を取るもの、イボに直接塗るタイプです。病院に行かず首のイボを自宅で除去したい場合に最もおすすめなのは、スキンケアも可能な首イボ専用のクリームです。しかしほとんどのイボ取りクリームは、イボに対しては効果的ですが、使いやすさや使い心地があまり良くなく、継続が重要になります。継続しやすいタイプとしておすすめなのはオイルタイプのものやオールインワンゲル。オールインワンタイプのものは首イボを取るだけでなく、乾燥やざらつきなど肌のトラブルにも効果があり、これ1本で美肌へと導いてくれるメリットも。口コミ評価でオールインワンの首イボクリームの評判が良いのも頷けます。